安い業者を探すために

使わなくなった家具や電化製品。捨ててしまいたいけれど、処分が面倒でずっと物置にしまいっぱなし、ということはありませんか?
不用品回収は、役所に頼むと指定の場所に運び出さなくてはならなかったり、料金シールを用意しなければいけなかったりと確かに面倒です。
しかし一般の不用品回収業者ならもちろん自宅まで取りに来てくれますし、中には使える不用品をリサイクル品として買い取りを行ってくれる業者もありますので、役所に頼むより便利でしょう。
今、不用品回収業者はたくさんありますので、複数の業者に見積もりを頼むのが良いでしょう。「激安」「業界最安値」と看板を出しているところは多いですが、不用品回収の料金は条件によっての変動が激しく相場というものがありませんので、これらの文言はあまり参考にはなりません。クリーニング店のように商品ごとの価格表や定額料金パックなどがあると、頼む方としては分かりやすいのですが、それがないのは決められないからなのです。
繁忙期や閑散期、ガソリン代や人件費などでかなり価格が変わってきますので、依頼のタイミングと見積もり時の交渉がカギだといえるでしょう。
交渉と言っても過剰に値切ったり、相見積を出しているからと業者を挑発するようなことをしてはいけません。相手も人間ですから、決裁権をもった見積もり担当なら依頼を断る事もできるのです。
向こうの都合も汲み取って、それでもこちらの予算と要望を伝え、そのため相見積をしているのだと素直に話し合えば、理解を示してくれる業者はきっと見つかるでしょう。

関連する記事